簡単! 

HTMLとは

HTML(エイチティーエムエルと呼ぶ)はホームページを作る際の一般的な言語です。

HTMLは基本的にブラウザ(InternetExplorerなど)を通して、私たちに文章の構造を分かりやすく表示してくれるための言語としましょう。
もちろんこのホームページもソース(右クリックでソースを表示すると見ることができる)を見ていただければ、HTMLというタグを用いてサイトが作られていることがわかります。
HTMLだけではなく、CSSやJavaScript(jQuery)も使われていますが、基本はHTMLのタグで出来ています。
タグとは一体どれを指すのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。

タグとは<>で囲まれたものをいいます。
そしてタグは①:<>~</>で囲むものと、②:</>または<>のみで効果を発揮するものがあります。

例えば「HTML」という文字を強調(太文字)したいのであれば<strong>HTML</strong>と書きます(①)。
そして改行(文章をひとつ下にずらす)したいのであれば、改行したいところで<br />または<br>と書きます(②)。

実際には<strong>タグで「HTML」を囲むと→HTMLのように、強調した文字で表示されます。

HTMLはなんたるか、少しは理解できましたでしょうか?

ところで私はHTMLは文章の構造を組み立てる言語と言いました。
それは例えばテーブルだったりリストとして文章を見やすくするものです。
ページの主題をHTMLタグで囲むのもいいでしょう。

それ以外にもデザインを決めることもできます。
例えばテーブルの幅を大きくしたりすることもできます。
但し、それはCSS(シーエスエスまたは俗称、スタイルシートと呼ぶ)でデザイン変更することができます。

HTMLとCSSで分業化が進められている昨今。
HTMLで文章の構造を決め、そのデザイン(文字の色の変更)をCSSで行うというのが主流です。
理由として、私たちがサイトを作る目的は主に、多くの人にサイトを見てもらいたいということが挙げられますが、そのサイトの多くは検索エンジン(googleなど)にヒットするか否かに大きく左右されます。
検索エンジンはリンクなどから検索ロボットがサイトを見に来て、解釈し、登録してくれたりします。
その際デザインの多くは私たちが見る上では重要であっても、ロボットには不要であることが多いです。

ですので、このホームページが何を言いたいのか、正しい文書構造をHTMLで作り上げ、デザインはCSSで書く
それが多くの人にサイトを見ていただく近道となるわけです。

HTMLとはなんたるか、少し理解できたのではないでしょうか。